レディ

治療を受けるメリット

ナース

治療による症状の改善

うつ病の症状には、ネガティブ思考があり、理由もなく悲しくなることがあります。早めの診断を受けることには、長期的な治療を回避するというメリットがあります。早期の時点でカウンセリングや投薬治療を受けることで、普段の生活を続けながらでも、うつ症状を改善することができます。ある程度進行してしまった場合には、回復するまでに時間がかかってしまいます。焦らずに治療に専念するという気持ちを持つことが大切です。うつ病は、人それぞれに発症原因が異なりますが、体質が原因となっている場合には、再発してしまう可能性が高くなるので注意が必要です。うつ病には、急性期や回復期および再発予防期という3つの過程があります。急性期は、診断を受けてから約3か月程度であり、休養をとりながら投薬治療を受けることによって、すぐに症状の改善を期待することができます。しかしながら、人によっては約半年以上かかる場合もあります。近年処方される抗うつ剤は、依存性が少ないので、量を調整しながら比較的安全に利用することができます。回復期は、診断からおよそ6か月以上とされています。回復期には、調子がよい日が続くことが多いようです。しかしながら、調子のよい日が続いたことでうつ病が完治したと勘違いしてしまって、かえって再発してしまう心配があります。このため、回復期には特に注意が必要です。回復期は、社会復帰に向けて外出したり復職したりして少しずつ無理のない程度に生活リズムを整えていくことが肝心です。診断から1年から2年ほど経過すると、症状も安定して社会復帰も可能です。しかしながら、油断してしまうと再発の心配があるため、1年を過ぎても投薬治療を継続することがよく行われています。投薬の継続は、再発予防という観点から非常に効果的なことであり、症状改善や完治を期待することができます。重要なことは、自分勝手な判断で投薬を止めないことです。うつ病は、人によって治療に必要な期間が全く異なりますので、焦らずに治療を続ける気持ちが大切です。焦って社会に溶け込もうとすると、逆に症状を悪化させてしまうので注意が必要です。以上のように、うつ病は心の病気であって複雑なものではありますが、投薬治療によってまた場合によってはカウンセリングの併用によって、多少の時間はかかりますが、必ずや改善へと導くことができるものです。これが、うつ病の治療を受ける最大のメリットです。重要なのは、自分の状況としっかりと向き合うこと、そして医師の処方に従って適切な治療を受けることです。

TOP