レディ

どんな病気が正しく理解

聴診器とキーボード

進行具合も十人十色

うつ病は気分障害の一つとされていますが、どうしてうつ病になるのか、その原因ははっきりしていません。以前は外部からのストレスによる心因性のものと、脳内の生物学的な異変による内因性のものに分類されていましたが、研究によってこの二つをきれいに分類できないことが分かっています。うつ病はストレスがきっかけでなっていることが多く、脳内の変調もおこっている状態です。うつ病のメカニズムは完全には解明されていませんが、決して気持ちだけの問題で生じているわけではありません。うつ状態のときは脳内の神経を結ぶ役割を果たす神経伝達物質が減少しており、そのことでネットワークがうまく機能しなくなり、脳の働きに異常が生じるわけです。このように脳に何らかの変調をきたしているので、それを取り除くことで、実際に症状が改善しています。治療としては、ストレスを取り除きながら、必要に応じて薬やカウンセリングを行うのが基本です。また、うつ病はその人の考え方や行動、心理状態にも左右されます。よくマイナス思考だからうつ病になるのだといわれますが、心が弱ってくれば性格に関係なくマイナス思考になり、それがさらなる気分の低下を生んでいきます。重症化していく過程では、症状を悪化させる悪循環が起こっているのが通常です。普通なら少し落ち込んだだけで立ち直れるところを、後ろ向きの考え方が続き、そのせいで人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、孤独に陥ることでさらに落ち込みます。この悪循環を断ち切ることが重要です。加えて、人はストレスにさらされているとき、免疫力が落ち、自律神経やホルモンの働きも変調をきたすことになります。さらに、不眠や食欲の変調により、心だけでなく体調も崩れていきます。このうつ病は軽度、中程度、重度というように、きれいに順を追って進行していくわけではない病気です。そこが、この病気の難しいところであり、分かりにくいところでもあります。この病気にかかった人の数だけ、病気の進行パターンがあり、個々に合わせた対処がとられることになります。一般的には、長期にわたって気分の落ち込みが続き、食欲や睡眠に障害がでて、日常生活を送ることが困難となる進み方です。しかし、気分の落ち込みがだんだんとひどくなるのではなく、突然、大きな穴にでも落とされたかのように重いうつ状態に陥ることもあります。また、一日の中でも気分の変化が起こるため周囲を含めて理解を深めていくことが大事です。

TOP